読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHANG, Yu-Chiehのブログ

台湾出身、「石川カオリ」というペンネームを使って日本語で世界のことを伝いたい。

台湾人視点より「慰安婦問題日韓合意」に関する社論

www.thinkingtaiwan.com

 

もしあなたが私が慰安婦問題について記事を書くだけ「親日派の台湾人にも反日派になった」と思うなら、残念ながらあなたは私のことよく知らない。
私は台湾に生まれ戦争が終わっても日本統治時代のことそのまま受けている台湾人だ。日本と台湾どちらでも私の生活の一部なんで、親日派や反日派どちらでもなくて、いいことや悪いこと全て理解してそして台湾と日本の間に生きているのは私が日本と台湾両方へ愛している証明だと思う。

「阿嬤家」(台湾の慰安婦博物館)にお越しいただき日本人ガストとあったら、できれば私が結構ゲストとしゃべりなんで、
ある日、台湾在住の日本人ライターと話して、日本で台湾慰安婦も存在すること知ってる人はもう少しないけど、その中で「親中派の国民党政権やから、捏造するかも」と主張する日本側の声が初めて気づいて、
他の台湾人と意見交換して、台湾人ならこれは事実ではないと知ってるけど、これからどうやってPRするのはずっと考えて
ということで、今回の記事を完成した。


簡単にこの記事のポイントをまとめて


⑴ このサイトは、大統領蔡さんが立候補時に作った基金会で運営するなんで、ここで投稿して公開されたなら、なかなか有意義と思います。


⑵ この記事は、台湾人視点より「慰安婦問題日韓合意」に関する社論です。
日本教科書にきちんと「慰安婦」のこと載せてください。
慰安婦問題は単純に日韓だけの問題ではありません。両国間に「合意」作ったのはおかしい。「私たち」忘れないでください。
今回は温和派の台湾人の私たちと一緒に「平和に」慰安婦問題を意見交換しましょう
と提案します。


--
這篇的完成還要感謝阿嬤家志工團的大家持續地在追蹤、分享慰安婦問題在各國之間的活動現況

 

朝日新聞公式繫体字ページの問題

台湾の友人が急に朝日新聞繫体字ページをファローしてって、彼女に下のようなコメントした。(和訳)

「ひといね」や「悲しいね」どちら押してもよくない。日本にいるなら、「あなたなぜ朝日新聞を選択したの」という質問聞けるかもしれない。

理由は朝日新聞やから。朝日新聞はよくなんでも言うけど、朝日新聞の読者は多い過ぎて、全体的に社会の考え方をリードできる。

やから、現時点突然朝日新聞をファローしたら、なぜ現時点なのと言われるかもしれない。(普通はたぶん親が朝日新聞よく読んでいるから、一緒に読んでる)

 

ただし、朝日新聞の繫体字版はもう一つ問題がある!

すべて朝日新聞のニューズを中訳するではない。彼ら翻訳したい部分を選択してこちらの部分だけ翻訳するのは問題がある!

政治的(特に外交と原子力関係)、そして台湾人大好きな社会事件に関する新聞があったら、朝日新聞の中訳部はすぐ中訳する。ほぼ明日に中訳版公開する。

 

日本語から中訳する記事について、私とってすべて翻訳することは基本的(特に繫体字ページに和文の記事は誰が取材するのは書いてるニューズ)。ただ、元々日本語で書いてる記事、一部だけ中訳するの例はよくある。特に原子力関係の記事にわざと日本語の漢字をそのまま使って、台湾でよく使える単語を使わないと、中国語繫体字の記事を読んで意味間違った可能性がある。私は以前こんな記事の下に朝日新聞へコメントしたが(どうやって翻訳するのは正しい)、いつも既読無視された。

ややこしい、いいえ「わざとかも」の点は

なぜ朝日新聞中訳記事から日本語原文へリンクがないの?!

まさか他の人こんの秘密を発見したくないから、台湾(と香港)人に向け見せたい一部だけという秘密を発見したくないの

って、私はよくそう思う。

 

元ジャカルタ知事の呼び方、台湾と日本の違い

headlines.yahoo.co.jp

【5月10日 AFP】インドネシア・ジャカルタ(Jakarta)特別州のバスキ・チャハヤ・プルナマ(Basuki Tjahaja Purnama)知事がイスラム教を侮辱した宗教冒涜(ぼうとく)罪に問われた裁判で、ジャカルタの裁判所は9日、同知事に対して禁錮2年の有罪判決を言い渡した。検察側の求刑(執行猶予2年)よりも重い衝撃的な判決が下された。

 

逮捕された元ジャカルタ知事は中華系なんで、台湾は必ず漢字名「鍾萬學」で呼ぶ。インドネシア出身、チャイニーズ系ではない友達にも方言(客家語)で「あーほっ」(Akoh=阿學)で彼を呼ぶ。
日本の新聞はインドネシア語でフルネームを呼ぶのはオモロイ!

 

 

change.org<教育勅語の教材化と銃剣道の導入に反対します>キャンペーン

www.change.org

 

私は台湾に生まれて今台湾在住の台湾人です。

〈教育勅語〉は100年前に天皇制と軍国主義を貫いて作ったんだモノなんで、あの時日本帝国の植民地である台湾にも使っていました。
100年前作ったモノ、もちろん100年後の社会と合わないどころがあってもおかしくないし、しかも〈教育勅語〉の内容について、不適切なコンセプトやイデオロギーなど気にしないと無意識に影響を受ける人がいるかもしれません。
もちろん、〈教育勅語〉にええな部分がありますが、教育現場に教えれば先生たちが生徒たちにきちんとどちらの部分がいいか、どちらの部分が今日の社会と合わないか、全ての説明することが必要です。
なのに、〈教育勅語〉のことはほんまに「素晴らしくて」丁寧な説明が必要でも必ず生徒たちに伝えたい気持ちは私は理解できません。

台湾には最近日本統治時代の話は結構人気なんで、どこの小学校にまだ〈教育勅語〉の文書を保存している議論があります。

私は〈教育勅語〉はあの時代のモノ、歴史的なモノを認識しています。
台湾から応援しています。

 

 

 


 

 

続きを読む

ロイター<米大統領が台湾総統との再電話会談を否定、「習主席は私の友人」>に関する反論

米大統領が台湾総統との再電話会談を否定、「習主席は私の友人」(字幕・27日)
2017年 4月 28日 Friday - 01:55

ロイターは台湾の蔡英文総統と、トランプ米大統領にそれぞれ単独インタビューを行った。蔡総統は、当選直後に続く2回目のトランプ大統領との電話会談に意欲を示したが、当のトランプ氏はそれに消極的な姿勢を示した。なぜトランプ氏は心変わりしたのか。
▲ ストーリーを隠す
ロイターは台湾の蔡英文総統と、トランプ米大統領にそれぞれ単独インタビューを行った。蔡総統は、当選直後に続く2回目のトランプ大統領との電話会談に意欲を示したが、当のトランプ氏はそれに消極的な姿勢を示した。なぜトランプ氏は心変わりしたのか。

 

私は台湾出身、現在台湾在住の人なんで、今回ロイターのインタビューについて、台湾の総統府よりインタビューの答えがすべて中国語と英語版が公開しましたので、こちらでご覧ください。

總統接受「路透社」( Reuters)專訪*1

President Tsai interviewed by Reuters*2


ロイターの記者さんはほんま台湾総統蔡さんに取材しましたが、トランプさんとの取材はその後急に「台湾総統と電話しませんか」と聞いて、昨日台湾総統蔡さんとの取材に関する何にも言ってないのに、誰にもこんな「前言」がない質問が急に聞いてびっくりした反応があってもおかしくないと思います。

逆に、なぜロイターが「台湾総統蔡さんとのインタビュー」と「トランポリン意味分からない発言(習主席は私の友人)」こんなあんまり関係ない事件を同じ記事に書いてアップすることがおかしいなぁっと思っています!

 

jp.reuters.com


*1:
  蔡英文總統今(27)日上午接受「路透社」( Reuters)專訪,針對台美關係、兩岸關係及國防軍購等議題,回應媒體提問。
  
  總統答問內容為:
  
  問:您上任已近一年,您自認最大的成就是什麼?
  
  總統:我們這個政府和前幾個政府比較不一樣的地方,就是我們一開始就下了一個很重要的政治決定,就是最困難的事情、政治風險最高、必需付出最多政治代價的改革的事,要馬上去做。在很多民主社會中,當總統有連任可能性時,很可能就會選擇在第二任時才做高政治風險的政治改革。我們覺得,台灣長久以來沒有進行改革,以致經濟成長遲滯,所以我們決定必需要儘早開始台灣的改革。在過去一年,從年金、經濟、社會安全網的改造,不論是立法或政策規劃,去年確實是非常忙碌的一年。
  
  
  問:我們來談談與台灣關係緊密的重要盟友-美國,您怎麼形容和川普總統的關係?
  
  總統:這不僅是領導人本身跟美國總統之間的關係,還牽涉到我們跟美國之間長久關係的建構、基礎,以及共享價值。不只是川普政府,歷任的美國政府都有一致性的政策,就是支持台灣自我防衛力量,支持台灣民主、人權、自由的發展,這兩項一直是台灣和美國關係中最核心的項目。或許歷屆美國政府因為情勢關係,會有不同的優先順序,但政策主軸一直在這兩項上面。對台灣來說,我們也抱持對美國採取合作,維持長期友好的關係,歷任台灣總統對美國都採取積極(的態度),希望在既有基礎上更強化關係,尤其在局勢多變時,需要一個更強而穩固的台美關係。
  至於川普總統本人,我倒是要藉這個機會感謝他願意跟我有一個電話溝通的機會,讓我能夠表達台灣政府跟台灣人民對他當選的祝賀,同時我們也有機會簡單的交換意見,在這幾個月以來,我們感受到川普政府對於台灣事務上面展現了一些積極性,同時我們也接受到一些正面的訊息。
  
  問:您和川普總統的關係,相較於歐巴馬政府,是比較好?完全一樣?還是較冷淡?您會如何描述現在的關係?有什麼改變?完全一樣?還是不同?
  
  總統:我想台灣跟美國的關係,其實在過去幾年是持續在改善當中,尤其是雙方溝通的層次跟品質都一直在加強,所以新的川普政府上任之後,他是在過去的基礎上,再往前尋求一個更實質友好關係的建構。所以,或許有些人覺得前後美國兩個政府在對台灣的態度上面有一些不一樣的地方,但是在基本上,我想他們的想法是一致的。也就是說台灣跟美國之間的關係,基礎是穩固的,我們都希望能夠繼續往前走,那唯一可能跟過去比較不同的就是,這一次台灣的總統有機會以電話跟美國的總統(當選人)直接對話。
  
  問:您會與川普總統進一步對話嗎?您是否期待?
  
  總統:我們當然期待在重要的時刻、在關鍵的事情上面,我們能夠有機會跟美國政府有更直接的溝通,也不排除有機會跟川普總統本人能夠通電話,但是這可能要看整個情勢的需求跟美國政府在處理這個區域的事務上面的考量。
  
  問:您是否擔心美國或許會為了與北京往來而出賣台灣利益?
  
  總統:我知道這個事情是很多人在討論的事情,不過對很多的專家來講,美國跟台灣之間是一個長久的關係,也有很好的基礎,同時不僅是在行政部門,在國會、甚至在地方政府的部門都有很好的連結,基本面很強固,如果說要把他當作是一個籌碼的可能性,我覺得是不大。
  
  問:我們知道台灣和川普政府已經開始討論台灣的防衛需求。請問在您任內,對於首次軍購,有什麼樣的期望?可以透露一些細節嗎?
  
  總統:雖然美國的政府,尤其是國防部長跟國務卿等等重要的部長都已經到位,但是在處理實際問題層面的這一些官員還沒有到位,所以現在的討論要進入到很實質進行的階段,其實還有一段距離。但是我們還是持續跟美方的每一個層級,每一個在他的政治決策層級以及現在在美國政府體系、尤其是文官體系的官員,持續的討論這些可能性。
  
  我想外面的報導也不少,有一些也反映出來我們在防禦上的各種需求,我要在這裡特別講的就是,我們跟美方談的不只是軍購的問題,還有軍事跟防禦策略的問題,雙方在這個地區的戰略,在哪一些層面上我們可以做一定的整合,我們自我防衛的需求跟美方在這個地區戰略的看法,要經常的討論跟溝通,讓我們有一定程度可以做整合。在這個原則之下,我們才會進一步的去討論說我們所具體需要的武器跟設備是哪一些,再之後就會到軍購這個層次。
  我也要利用這個機會說明,我們非常注重國防自主的能力,因為台灣有很好的製造能力,台灣的科技研發能力也很強,所以我們希望在這個好的基礎上面,能夠加強我們的國防自主能力,同時可以給我們的產業創造新的動力。
  我們現在講的是,在美國決策的層次上,當然有政治的決策層級,也有文官的層級,但是我們歷來談軍事採購的時候,通常都要到助理部長層級,它才會有一個政治任命,同時也跟文官有足夠的接軌來處理實際的採購問題。
  
  問:中國說,您在就職演說中,對於他們最關切的獨立議題,給了一個「未完成的答卷」。請問您是否支持台灣獨立?
  
  總統:在我的520演講,其實對於中國大陸歷來對台灣的一些要求、想法或立場,我們也採取了一個比較包容的態度,換句話說,去年我的就職演講裡面,已經把台灣方面可以盡的最大善意,都表達了,但是在這段期間以來,我們感受不到對岸有這個決心要讓兩岸關係往前走,反而被他們傳統的思考跟官僚的體制所牽絆。在過去的一年,我們謹守維持現狀的政治承諾,我們不挑釁,也沒有意外,能夠盡我們維持和平穩定的一個參與者的責任,不論是在兩岸關係或是在區域的關係上面,我們都讓台灣做為一個和平穩定的貢獻者。所以,我希望對岸能體認到,這個世界在變,中國大陸今天是一個區域大國,它要負起的國際責任是更多的,尤其是維持區域的穩定跟和平;台灣也在變,台灣的社會已經民主化,人民對台灣的未來有很多的期待,對台灣的自由、民主還有人權是高度的關注。國際社會也是一樣,在今天的亞洲,不論是在東北亞、南海或者是在一些不同的地方,都在發生變化,所以這是一個很不一樣的世界,不論是在兩岸關係、區域關係或者是在全球的關係上,中國大陸要扮演的角色愈來愈重要,國際社會對它的期待也愈來愈大,希望中國能夠成為一個和平穩定的主要支撐點,要有自己的責任感。希望習近平主席以一個大國領導人自居,展現格局、展現彈性,用不一樣的角度來看兩岸關係,讓兩岸關係在未來有不一樣的格局,對兩岸來講,都會有更正面的發展。
  所以,與其說我沒有完成一個問卷,倒不如說我們雙方都面臨一個新的問卷,我們也期待中國大陸方面可以用不同的角度,來面對這張新的問卷。
  
  問:根據您及其他人的講法,您上任之後,台灣與中國的關係惡化了;您曾表示,雙方都有責任維持和平與穩定。您打算如何說服北京當局跟您的政府對話,讓關係變好?
  
  總統:說雙方的關係,用妳的字來講叫做「worsen」,也就是「惡化」,我倒不覺得在我的定義裡面是「惡化」,在過去一年裡面,或許中國方面對台灣採取了一些措施,但是在台灣方面,我們還是冷靜以對,例如說對岸把觀光客減少,我相信他對有些其他國家也做同樣的事情,其實對很多國家來講,這是一種貿易,不該有政治的考量,但是即便面臨到這樣的情況,我們也沒有惡言相向,我們反而去尋找更多觀光客的來源,來發展更多的商機,讓台灣整體的觀光產業能夠更多元,同時我們也可以跟很多國家建立更好的關係。
  
  問:您期望與中國的關係如何進展?您的前任者曾在新加坡與習近平先生會晤,您是否有打算和習先生對話或者會晤?是否有在考慮什麼措施,讓台灣能積極推動和平與更好的關係?
  
  總統:我們很願意與習近平主席及對岸各階層有實質對話的機會,也希望中國面對與台灣的關係上應該要有新的、不一樣的思考,如果中國展現出這樣的彈性與善意,我相信台灣的人民也一定會思考台灣能展現如何的彈性。兩岸關係絕對不是單方可以主導的,一定是互動的過程,如果關係要有進展,必須有很多善意的累積。我們在過去一年可以做到的就是盡最大的力量,維持一個穩定的關係,也用正面的方式解決關係中產生的問題,比如觀光客的問題等。我相信在過去一年當中我們展現出來的,其實是很大的善意,我們克服了很多困難,也沒有情緒化的反應,希望對方在兩岸關係的處理上,能跳脫現有的格局,在相互善意累積之下,我們可以為未來共同找尋可能性。
  在此我要提出近來兩岸關係的ㄧ個議題,就是台灣參與WHA的事情。歷來台灣都是以觀察員的身分受邀參加WHA會議。WHO是非政治性組織,關切的是全球每一個國家人民的健康問題、以及衛生的問題,幾乎沒有政治性,台灣做為國際事務的積極參與者,我們有可以貢獻的地方,同時台灣的人民也有健康與衛生上的需求參與WHA。中國一直採取限制性作為,我們必須鄭重指出,今年台灣能否參與WHA,是兩岸關係上非常重要的指標,我要再次呼籲中國大陸的決策者,不要受到過去傳統的思維與官僚體制的限制,做出不利於兩岸關係的決策。很多國家都支持台灣參與,且他們也都致函WHA,希望台灣能繼續參與。這不僅是台灣人民的期待,也是國際社會共同支持的事情,如果中國的決策有所偏差,對兩岸關係的影響將會很大,因為台灣人民不會理解為何不能參與專業性、非政治性的WHA會議。
  
  問:您有感覺到中國對於台灣友邦、邦誼的維持和參加例如世界衛生大會等國際組織施加壓力,且出手越來越重?
  
  總統:中國向來習慣於在世界上的每一個角落、用各種的可能性來打壓台灣,這些作法有些不成功、有些迫於政治現實而有作用,這些作為幾乎已經是制式的行為。所以我一再呼籲中國大陸的決策者,中國面臨的是不一樣的世界,他們的角色也不一樣,他們的責任也不一樣,他們應該負擔起更大的責任來維持兩岸關係與區域的穩定。
  
  問:去年十二月您和川普總統通電話的事,引起很多人談論,受到很多關注,當川普總統接了電話那時,您腦子裡的想法是什麼?
  
  總統:非常感謝川普總統給我們機會表達謝意,這是ㄧ個新的政府,或許在這個新的政府之下,會有些不同的可能性出現。
  
  問:後來川普總統在二月轉而支持「一個中國」,您那時又是什麼想法?起初您以為會有所不同,後來又從推特中獲知他支持「一個中國」。
  
  總統:我想所謂的「一個中國政策」是美國的「一個中國」政策,這是美國長期以來基本的政策。我剛剛講的就是說,在這個政策之上,我們或許可以有一些新的可能性。因為長久以來,在台灣跟美國的關係上,《台灣關係法》扮演一個非常重要的角色,同時有「六項保證」,這也是自雷根總統以來一個很重要的基石。我們也瞭解,美國一向都有他自己的「一個中國」政策。在這些基礎之上,我們希望在很多實際的作為面,或許有一些新的可能性。而我指的倒也不是,在我們長久以來所累積的這個基礎上面,有什麼根本性的改變。
  
  問:您可否舉幾個例子,說明新的可能性是什麼?
  
  總統:打電話這件事情,不就是一個新的可能性嗎?
  
  問:藉由與川普總統通話,您對他有哪些瞭解?
  
  總統:但我想要講的是,他願意接受一個台灣總統的電話,已展現出他代表的一些可能性。
  
  問:從去年12月的通話,到今年2月川普總統表示支持「一個中國」,台美關係如何演變?現在如何呢?您覺得是變得更好、更強還是更弱?
  
  總統:總結來講,我們還沒有看到有一個很確定的改變的方向,但是在這幾個月來的發展,我們覺得是有一些可能性。但是這些可能性,有的可能不完全是對台灣絕對有利的;而有些可能性,對台灣是好的。我們會仔細的評估,也會仔細的觀察。所以就像我說的,我們看到的是美國政府的政治決策層級已到位,文官體系也持續的在運作,但是中層的政策決策者還沒有到位的情況下(這些中層的決策者才是具體處理問題的階層),現在做任何的評斷,都可能是太早。
  比如說,在經濟貿易的這個領域裡,川普政府的一些想法跟政策,可能會衝擊到台灣對美的貿易,這個我們就必須要尋找下一個階段對美貿易的新的想法,以減少衝突、強化雙方的互補性。所以我剛剛講到的這一些發展,倒不一定是在政治領域,在經濟或在其他的層面上,都可能有不同的可能性會出現。
  
  問:假如下次能再跟川普總統通話,您想傳達什麼訊息?
  
  總統:我想告訴川普總統的是,台灣是一個好朋友、是一個友善的國家,我們會持續地找尋雙方互利互惠的這些可能性,在經濟貿易、軍事防衛上,我們都願意跟美國坐下來好好的談,我們也希望能夠增加雙方在溝通與互動上的頻率跟層級,讓我們跟美方之間的關係能夠更升級,而且更優質。
  
  問:美國財政部再度將台灣列入匯率操縱觀察名單,這樣會對台灣有什麼影響?針對美國財政部4月公布的這份報告,先前台灣有何不同的作為?
  
  總統:其實在之前,我們中央銀行及其他的政府單位已經跟美國有很多的溝通。我們瞭解,雙方對於統計數字,還有對於統計數字的詮釋上有不同的看法。所以,我們會持續跟美國的相關單位就這些統計數字及數字不同的詮釋,繼續交換意見。
  我要特別講的就是說,我們的中央銀行對於匯率,最重要的還是維持一個台灣總體經濟的穩定,同時也提供我們企業一個穩定的外匯環境,這是我們最重要的一件事。以我們自己的看法,我們與美國之間的貿易並沒有那麼大的順差。所以,我們也希望透過未來不斷的溝通,讓美方可以更理解台灣在平衡匯率上種種的措施,其實並不是屬於一種操縱性的匯率,而是一種維持總體經濟穩定(的作法)。
  
  問:關於李明哲案,您有什麼要說明的嗎?
  
  總統:我想在李明哲這件事情上面,一個台灣的公民被逮捕,我們也不清楚他在中國所受到的待遇,也沒有像我們所期待的一個法治國家應該有的透明性跟程序上的保護,所以,這件事情或許對中國來講不是一件大事情,但是對台灣人來講是一件很大的事情,因為我們都很習慣在程序上的透明跟程序上的人權保護,以致於就是說,台灣社會對這件事情的反應是蠻強烈的,所以我們也希望,中國大陸在處理這件事情上要格外的謹慎,不要讓這件事情變成兩岸關係發展上的一個阻礙。
  
  如果大陸處理不當,台灣民眾會感到不安,因為每天都有許多人往返兩岸,如果他們覺得安全及人權未受到中國當局妥善保障,我認為,這將嚴重傷害兩岸關係。所以,我要表達的是,大陸也許認為這是小事,事實上,這是兩岸的重大議題。
  
  總而言之,我覺得還是要呼籲中國大陸方面,這件事情要處理得謹慎而明快,不要讓台灣人情緒上的不滿一直在增加。
  
  問:我想請教兩個小問題。剛才提到台灣和美國及川普總統的關係,您何不透過推特和川普總統通訊?他就職時,您有做過,後來就沒有了。
  總統:Might not be a bad idea. I'll give it some thought.(這個主意還不錯,我會考慮。)
  
  問:有關台灣防禦需求,請問您會不會直接排除購買F-35戰機這個項目?
  
  總統:我們在軍事採購上面,是依照我們的防禦戰略來形塑,所以我們對於戰略上有意義的這些項目,我們都不會排除,F-35在戰略上確實是一個有意義的項目。

*2:
In an interview with Reuters on April 27, President Tsai Ing-wen spoke about Taiwan's longstanding friendship with the United States, her biggest achievements in office, and the state of cross-strait relations.

She also spoke about recent issues including Taiwan's participation in the WHA and the arrest of Taiwanese national Lee Ming-che (李明哲) in mainland China.

Asked about Taiwan's relationship with the U.S., President Tsai said: "We have long enjoyed a friendly relationship… We hope to strengthen this relationship by building on its existing foundations. This is particularly important during times of great change, when a strong and stable relationship between Taiwan and the US is required."

Speaking about her phone call with then President-elect Donald J. Trump, she said: "I would like to take this opportunity to thank him for the opportunity to speak over the phone." As for whether there may be further conversation with President Trump, President Tsai said "this would depend on the overall situation, as well as the U.S. government's considerations on regional affairs."

With President Tsai nearing her first year in office, she was also asked about her biggest accomplishments in office. She said "one of the differences between the current administration and previous administrations is that from the beginning, we made a very important political decision: we would handle the most difficult, politically risky, and politically costly issues right away."

"We believe that Taiwan has already fallen behind in the pace of reform. This has led to economic stagnation. We decided that we must begin as soon as possible. Since last year, we have started reforming our pension system, the economy, and the social safety net."

On cross-strait issues, President Tsai expressed her desire for mainland China to show perspective and flexibility. She said: "In my inauguration address, we adopted a more tolerant approach towards some of China's demands, ideas, and positions on Taiwan… I expressed the greatest possible goodwill from Taiwan. However, since then, we have not felt the same determination from the other side for cross-strait relations to move forward."

"In the past year, we have continued to abide by our pledge to maintain the status quo. We have not taken any provocative actions or caused any surprises. We have upheld our responsibility in maintaining peace and stability. Taiwan has not only contributed to peace and stability in cross-strait relations, but across the region as well."

"I want to use this opportunity to say that I hope mainland China will understand that the world is changing… I hope that Chairman Xi Jinping, as the leader of a major country, can show perspective and flexibility. I hope he will look at cross-strait relations from another angle. This would be a positive cross-strait development."

As for how President Tsai views relations with China going forward, she said: "If China shows flexibility and goodwill, I believe that the Taiwanese people will then think about how Taiwan can be more flexible. A relationship cannot be led by just one side. There has to be a process of engagement. If this relationship is to develop, there must be an accumulation of goodwill."

President Tsai also emphasized that whether or not Taiwan can participate in this year's WHA is a very important indicator of cross-strait relations. She said: "Many countries support Taiwan's participation and many have written to the WHA in hope that Taiwan can continue to participate. Taiwan's participation in the WHA is not only a desire of the Taiwanese people, but the international community as well."

"If China makes a decision to the contrary, this will have a major adverse impact on cross-strait relations, as the Taiwanese people will not understand why they have been prevented from participating in an expert and non-political event like the WHA."

She also emphasized that the arrest of Taiwanese national Lee Ming-che is important to the Taiwanese people. She said: "While this arrest may not be viewed as important in China, it is important to the Taiwanese people... We hope that mainland China is especially careful so that it does not become an obstacle in the development of cross-strait relations.

"If this issue is not properly dealt with by mainland China, the Taiwanese people will feel uneasy. This is because so many people travel across the strait every day. If they feel like their safety and human rights are not properly protected by the Chinese authorities, I think this could be very harmful to cross-strait relations."

In a final question about whether Taiwan would ask to procure F-35s, the President said: "In terms of military procurement, we determine this based on our strategic defense requirements. We will not exclude items, like the F-35, that are meaningful to our strategic needs."

続きを読む

浅田真央引退会見

 

thepage.jp

thepage.jp

thepage.jp

違うねん!東南アジア系外国人労働者が台湾に来るきっかけは全く中国依存度と関係ない!

注目ポイント

=2017/03/17付 西日本新聞朝刊=であるタイトル「脱中国」と中身である東南アジア系労働者たちの話は全く関係ないです!

しかも「外国人労働者」と「移民」にも別の話です。ここである「外国人労働者」は「移民工」または「移工」(foreign migrant worker。「外籍勞工」の名前にも使うけど、特に「外」と「内」分けたくないので、いまの有識者たちはこのことばをもう使わない)と呼ばれ、労働契約期間終わる際にすぐ自分の国へ帰れなければならないなので、「移民」ではありません。

一言で言えば、東南アジア系の人たちが台湾でやっている仕事は全て台湾の若者たちやりたくない仕事ですから。

できれば、新聞のタイトルが変更したいです。もしくは追記のところで説明したら嬉しいです。

www.nishinippon.co.jp

 

背景

台湾、香港やシンガポールなどチャイニーズ系(Chinese-speaking)国や地方などのところで言語は微妙な違いがありますけど、やっぱり起源は同じ民族ですから、性格や考え方が似てることがたくさんあります。

しかも言語がなかなか通じますから民間や政府側の交流が強いです。相手のいい点を見て、自分らしくほぼ同じ制度を導入されるケースが多いです(つまりガラパコス化)。

ところで、「外国人労働者」を自分の国の労働市場に導入することには一つの例です。

シンガポールは1965年独立後、続いて香港は1973年から*1、そして台湾は1989年から東南アジア系の外国人労働者制度を立ちました。

 

こちらの東南アジア系は台湾の例を挙げますと、インドネシア、ベトナム、フィリピンとタイ人が多いです。

東南アジア系の外国人労働者たち海外へ移動するきっかけは、もちろん国内での給料が安いし、海外へ行ったら同じ仕事をやって給料が高いです。

これは経済学の「供給」(supply)です。そしてこの「供給」を必要な「需要」(demand)。

 シンガポール、香港や台湾のような先進国の若者たちが意識を高くなりますと、勤労意欲が低くて工廠や工場に働きなくないし、そうしますと国内であるインフラ整備や工事などどうしますか?

自分の国よりまだ発展中の隣国に誘ってしよう!

 

もう一つ背景は(特に台湾の場合は)、戦後中国大陸から軍人たちが台湾に来て、国が戦争で国のために一生懸命な働いていた軍人たちへの待遇がいいですけど、結婚しなかった軍人おじいさんが多いです。

結婚できなかった理由は戦後中国大陸からの軍人たちと戦前から台湾に住んでいる人たちの文化が違いますし、かつ政治や社会雰囲気の要素、戦後中国大陸から人と戦前台湾に住んでいる人とあんまり仲良くありませんでした。

いまの台湾でこの二つグループの対立感がほとんどないけど(日本語での記事に今までにもこの二つのグループを分けて、「本省人」と「外省人」と呼びますけど、この20年くらい台湾社会でもうこうやって言いません!特に二つグループ分別しません。)、でも70年前に台湾に来た軍人たちもうおじいさんになるだろう!お金があっても「年齢層」が高すぎて、結婚したいにもなかなか難しいでしょう。

っていうことで、20年前から台湾社会で「外籍新娘」(=外国お嫁さん)の人数がトントン増えました。

こちらの「外国お嫁さん」は中国大陸とベトナムから中心に台湾で結婚したいでも相手がいない男の子と結婚して、台湾に移住していました。ちなみに中国大陸からのは言語が通じますし、ベトナムは中華文化と似てますし人が優しいと呼ばれました。

この理由で20年前から、台湾である東南アジア系の移民「外国お嫁さん」たちがトントン増えていて、「新住民」と呼ばれます。(こちらの「新住民」は「移民」です。)

 

台湾社会は色々な人が行ったり来たりして、豊かな文化が台湾社会の特徴であり、
「台湾人」はいつも昨日よりもっと幸せな多文化共生社会へ進んでいます。

 

f:id:wewe_ch15:20170403122506j:plain

 

ONE-FORTY→東南アジア系外国人労働者たち

台湾の人口は2,300万人くらい、現時点にその中にの四十分の一は東南アジア系外国人労働者たちです。

ここから単純に東南アジア系の外国人労働者について紹介したいと思います。

 

国別での順番ではインドネシア>ベトナム>フィリピン>タイ(タイはほとんど男の子。そしてインフラ整備の工事現場で働き)です。

ベトナムの場合は(海外へ働きしかないのはかわいそうですけど、)社会主義の国なんで特別な部分があります。

ベトナム戦争終わって、社会主義国家になる原因で旧ソビエト連邦の国に賠償金を払うことが必要ですけど、お金払えられないので、ベトナム人の労働力の代わりに1980年代「国の力で」大量の労働者を東欧に「送りました」。(このケースはベトナムに戻られないので、「移民」です)現在、チェコなどの東欧国には「ベトナム人社会」が存在しています。

1990年代後、ベトナム人は近い国へ働きます。現時点ベトナム労働者たち「外国」への国別ランキングは台湾>日本、韓国です。

台湾の方が日本や韓国への人数が多い理由の一つは「行き易い」。日本や韓国へ働きたいなら、まず日本語(もしくは韓国語)試験を受けて、合格しないと行きません。

 

台湾の場合は外国人労働者たちやっている仕事はほとんど

 ❶漁師(男の子、インドネシア人中心)

 ❷工廠や工事現場で働き(フィリピン、タイ)

 ❸民家で家事代行や高齢者介護(女の子)

この三つであり、男の子は体力勝負の労働者、工場で働き女性は男性よりそうなに苦労じゃないけど、工場である仕事は大変だろう。

 

ところで、漁村、工廠、工事現場どちらでも労働条件が悪いです。
長い時間働き、休みの日は月一回かもしれません。特に漁師は一回出航したら、長い時間に海で過ごして、一ヶ月帰られないかもしれません。

ただし、民家で働く家事代行や高齢者介護などの仕事はもちろん女の子のみですが、雇用者と同じ部屋に住んでいる原因で、24時間「職場にいます」。つまり、いつか仕事中いつか休憩中どうやって評価標準がありません。

元々高齢者介護なのに、急に「雇用者の家族」全員のお皿を洗って!又は部屋に掃除してと言われて、やらないといけないだろう。

 

f:id:wewe_ch15:20170403123534j:plain

 

東南アジア系外国人労働者たちの休み時間があんまりないから、月一回や二回の休みの日に彼らたちにとって同じ国からの友達と会って、自分の言語で話す「休みの日」は誰にも大切にします。

「休みの日」と言いますけど、何時まで「家に到着」は基本的なルールです。

例えば、家事代行のケースはあさ朝ご飯用意して、「一日の休み」後、夜六時に戻って晩ご飯を準備します。

 

国別で待ち合わせ場所は違います。

こちらの地図見たとおり、台北駅はちょうど「日曜限定」インドネシアタウンです。

 

f:id:wewe_ch15:20170403123026j:plain

 

日曜限定のインドネシアタウン。日曜日だけやっている店屋さんは多いです。

理由はもちろんお客様(東南アジア系労働者たち)はほとんど日曜日に休みなんで。。。

 

f:id:wewe_ch15:20160925123047j:plain

 

地下の商店街にも東南アジア系労働者たち向けのコンビニがあります。

食べ物からシムカード、携帯、宅急便、海外送金などほんまなんにもいけるコンビニw

 

f:id:wewe_ch15:20160925121254j:plain

 

大切な「休みの日」にどうやって最大限で活用しますか?友達は別々のところに働き、どこはみんなにとってアクセス便利なところだろう?

そうだ!駅で集合しましょう!

ということで、台湾鉄道の台北駅、桃園駅と台中駅の周りにたくさん「東南アジア系外国人」の顔を見えます。

(ちなみに、台湾の地方自治体別での東南アジア系外国人労働者人数ランキングは桃園県>新北市(台北県)>台中市

 

台湾鉄道の台北駅にはどこからにも行ける交通便利な場所です。

しかも駅一階である広場は屋根付き公園みたいところなんで、周りの店屋さんで「久しぶり地元の料理」を持ち帰って、一緒に駅の構内の広場でピックニックしよう!

台湾人は元々床に座らないです。必ず椅子の上に座ります。(床は汚いと思うから座りません。

でも、東南アジア系の人たちは「南国に住んでいるから天気が暑過ぎて」床に座ったらもっと涼しいと言われて、彼らにとって床に座ることは普通らしいし、

台湾鉄道の台北駅にほんまあんまり椅子がないので、今台北駅一階の広場の床に座っている人たちの中に台湾の若者たちがトントン増えています。

 

f:id:wewe_ch15:20170403123710j:plain

 

終わりに

台湾社会にいる四十分の一は東南アジア系外国人労働者たち、人数は少しないけど、「台湾人の目で見えない」、マイノリティーでした。

 

f:id:wewe_ch15:20170403122337j:plain

 

ONE-FORTYというNGO団体は去年(2016年)立ち上がって、台湾である東南アジア系労働者たちのために支援する社会福祉法人です。

言語の壁、文化の違い、労働者たち帰国後のインパクトなど色々な問題があって解消のために立ち上がる団体です。

 

We asked for workers. We got peoople instead --- Max Frisch

 

2017/4/1から4/14まで、台北市内華山1914文化園区で「ONE-FORTY JOURNEY」という展覧会があって、ここでもう一度目を開けて、周りにいる東南アジア系労働者たちのちゃんと発見しましょう!

 

f:id:wewe_ch15:20170403123014j:plain

 

台湾社会はいつも今よりもっといい社会へ追求しています。

こんな「変わりたい気持ち」を台湾人の血にあり、「社会を変わる」原動力が止まらない。

 

あしたの台湾どうのようなカオに出しますか?

毎日ここで考えますと、ワクワクして楽しみしています。お楽しみください!

KEEP MOTIVATION。台湾

 

f:id:wewe_ch15:20170403123726j:plain


Who is One-Forty?

 

文、写真:CHANG, Yu-Chieh

取材協力:One-Forty(NGO)

one-forty.org

*1:出典:臺灣行政院勞工委員會職業訓練局委託研究報告 外國人聘僱及管理法制研究計畫の香港家事代行移民工