CHANG, Yu-Chiehのブログ

台湾出身、「石川カオリ」というペンネームを使って日本語で世界のことを伝いたい。

台湾のレシート宝くじ

web.smartnews.com

電子レシートと本格化前に、従来のレシートから皆んな2ヶ月一回レシート番号は宝くじ当選するかないか、皆やっています。

しかも、レシートがNPOへ寄付するのは普通です。コンビニや町でボランテイアさんたち寄付箱を持って皆んなレシート何々NPOへ寄付しようというのは普通です。

 

この数年間電子レシート(QR code付き)のは増えて(電子レシートが嫌い人が多いかも)、QRコードで読み取りアプリより宝くじ当選番号確認するのはいるけど、そうなに増えていない。

理由:必ず毎2ヶ月一回確認するのは主婦じゃん、アプリより自分の目で一つずつ確認するのは安心。

皆んな電子レシートが嫌い理由:電子レシートは二枚があって、最初一枚はQR codeと店名、消費金額、時間しか読めないし、でも皆んな欲しいのは第二枚に書いた購入内容ですよ。

 

最近、私はいつも電子レシート持っだず、店員さんに電子レシートが私のカートに保存してくださいと言います。

もし、交通系ICカード決済すれば、電子レシートの番号をカードに保存するのはできますし、日本財務省相当な政府機関は私たちの代わりに宝くじ当選番号確認し、当選したら賞金は直接決済したカードへ。

もし交通系ICカードじゃなくて決済したら、店屋さんに個人レシート保存バーコードを提出したら、日本財務省相当な政府機関にも代わりに宝くじ当選番号確認し、当選した賞金は直接事前登録したカードへ。

レシート保存バーコードは個人用と特定NPOへ寄付するコードがあります。

 

以上。

台湾の電子決済について

久しぶりに更新します!今回は台湾の電子決済について(メモとして)話したいと思います!

先ほど台湾の法律を調べました。台湾の法律で、電子決済は三種類があります。

 

「電子票證」

いわゆる日本のICOCA、Suica、nanacoような電子マニー。カード自体はチャージしないと使わない。記名は特に必要ない。

 

「第三方支付」(現時点は4000社超え)

台湾のラインペイはこちら。チャージはできません。

C2Bの形で消費者⇔ラインペイ⇔店というやりとりで、個人的なユーザーはB2Bで直接送金はできません。

 

「電子支付」(現時点は五社のみ)

銀行口座と「國民身分證」個人認証済みアカウントのみ、B2Bができます。

ですが、B2B機能使いたいユーザーはまず銀行口座から「電子支付」アカウントへ振り込みが必要です。

B2Bの場合、クレジットカードより振り込みはできません。

 

台湾の「電子支付」五社:

 

まとめ

いろいろ法律的な制限がありますし、「電子支付」資格持ち五つ会社はユーザーはそうな多いではありませんし、すごく不便です。

2歳以上「出国税」支払うべき?海外の<国際観光旅客税>はどうでしょ

今週(10)日本財務省は<国際観光旅客税法案>を提出し、11日に参議院本会議で「国際観光旅客税」を可決されて成立しました。

来年1月から日本を出国する時に国籍を言わず1人 1,000円が徴収されます。いわゆる「出国税」という意味です。(以下、「出国税」で)

法案より、「国際観光旅客税」の使い道は
①「快適な旅行のための環境整備」
②「体験型観光の満足度向上」
③「日本の魅力に関する情報発信強化」
といった分野が規定されます。

2017年間訪日外国人観光客人数は歴年最高 2,869万人があり、かつ2017年間日本人出国者人数は 1,789万人はあり、しかも 2020に年間訪日外国人客目標は 4,000万人が設定しており、「出国税」は年間 400億円が確保できます。

これに対して、日本観光庁 2017年度予算はただ 210億円で、日本政府はほぼ倍額にある「出国税」がもらいます。

 

日本国際観光旅客税

マスコミで韓国やオーストラリアでも「出国税」制度ありと紹介されますが、金額以外注目すべきことがあります。

まず、日本財務省<国際観光旅客税法案要綱>と<「国際観光旅客税法案」について>をご覧ください。

日本版の「出国税」は、
①乗務員
②強制退去者
③政府専用機により出国する者
④乗継旅客(24時間以内)
⑤緊急着陸や天候で日本に帰ってきた者
2歳未満の者
以外、一人あたり 1,000円を求めます。(第15条)

 

韓国「出国納付金」

韓国の場合は、13才以上 64歳才以下韓国国籍を持たない「外国人」を対象として、「出国税」は航空機で 10,000ウォン(約 1,000円)船舶で 1,000ウォン(約 100円)が徴収されます。

出典:㈶自治体国際化協会<韓国の観光政策
朝日新聞<'Sayonara tax' will be mulled for tourists leaving Japan>

www.asahi.com

 

オーストラリアPassenger Movement Charge

オーストラリアは 1995年7月から「Passenger Movement Charge (PMC)」を導入します。日本の「出国税」と同じ国籍を言わず、12才以上一人あたり 60豪ドル(約 5,000円)を求めます。

出典:"Passenger Movement Charge (PMC)", Department of Home Affairs, Australian Government

香港Air Passenger Departure Tax

香港は国ではありませんが、中国の特別行政区として「出国税」があります。

香港《飛機乘客離境稅條例》(Air Passenger Departure Tax Ordinance)より、 12才以上一人あたり 120香港ドル(約 1,640円)の「出国税」を求めます。

出典:Hong Kong e-Legislation, 第140章 《飛機乘客離境稅條例

 

英国Air Passenger Duty

最後紹介したいのはイギリスの「Air Passenger Duty」。個人的にすごく興味があります。英国版の「出国税」は航続距離とシートピッチより値段は違います。

航続距離は 2,000マイル(約 3,218㌖)以下はBand A、2,000マイル超えはBand B。航続距離はこの二種類があります。

一般的には「標準」=Standard rate=で計算しますが、シートピッチ(座席の間隔)は 40インチ(約 1㍍)以下なら、やすくなります=Reduced rate=
また、総重量 20トン以上の飛行機で乗客数が 19人未満なら、「出国税」は「標準」より高くなります=Higher rate=

 

2018年4月以降、

【Reduced rate】
-Band Aは £13(約 1,986円)
-Band Bは £78(約 11,918円)

【Standard rate】
-Band Aは £26(約 3,972円)
-Band Bは £156(約 23,1837円)

【Higher rate】
-Band Aは £78(約 11,918円)
-Band Bは £468(約 71,513円)

 

2016年3月1日以前、英国「出国税」の徴収対象は 12才以上ですが、現在は 16才以上出国者を求めます。

ちなみに、2才以上 16才未満のこともが一番安いクラス(エコノミークラス)ではない飛行機を搭乗したら、「出国税」が必要です

出典:HM Revenue & Customs - GOV.UK

www.gov.uk

www.gov.uk

 

終わりに

日本の「出国税」はただ一人あたり 1,000円でそうなに高くではありません。

しかも「出国税」は「国際旅客運送事業」(空港会社など)徴収し、翌々月末日まで空港会社がを国に納付しますので、「国際観光旅客」にとって航空券を予約する際にチケット代金はもう「出国税」税込みでした。

「出国税」があっても、私たちにも日本へ行ったり来たりします。

「出国税」は一体

  • 何のために?
  • どうやって使う?
  • 2才以上国籍を言わず全面徴収される必要があるかないか?

 私は疑問があります。

 

この記事はFacebookノートとnoteで全文掲載します。

note.mu